「昼寝で記憶力UP!」仮眠の驚くべき効果と効率の良い昼寝のコツ

皆様は『受験うつ』という言葉を聞いたことはありますか?


 

近年、『受験うつ』という言葉が広まりつつあります。



受験うつとは、受験期に発症したうつ病の通称になります


 

じつは殆どの受験生が本番が近づくにつれ、この受験うつを発症しているそうです。

 


こちらは受験うつ専門医の吉田先生のHPです。

http://utu-yobo.com/sp/jyuken/stresscheck.html

 


受験うつ専門クリニックができるなど、その認知度は大変高まっているようです。

 


受験うつの原因としては、受験のプレッシャーや勉強による日々のストレスが一因とされています。

 


このストレスを取り除くためには、様々な治療法があり、医師による適切なアドバイスや薬処方をしてもらうことが大切ですが、今すぐできる方法の一つに『昼寝』があります。

 


昼寝はストレスを軽減し、受験うつの治療だけでなく、予防としても効果的です。

 


これだけでなく、昼寝には様々な効果があるため、国家試験受験生には昼寝を習慣にすると大変有効です。

 



私自身も学生時代からも、昼寝を習慣化していましたが、日々効果を実感しています。

塾生にも昼寝を習慣化するように伝えています。

 


本記事ではそんな昼寝がもたらす4つの効果と注意点をご紹介していきます。

 

 


 

大人こそ昼寝が大切!昼寝の効果4

 

 

適切な昼寝をすると、以下のような効果が得られます。


  • 記憶力の向上
  • 集中力の復活
  • 精神の安定
  • ストレス解消


研究によると、記憶はいったん脳の海馬という場所に保管されますが、昼寝は海馬に記録されたデータを、書き換えられにくい大脳新皮質という場所に移動させる効果があるとのことです。


 

つまり、昼寝は心身に良い効果をたくさんもたらすということです。しかし、それには条件があります。

 

 


寝るタイミングに気をつけるだけで睡眠の効果倍増!

 



上記に挙げたような効果を得るためには、昼寝をするタイミングと、寝る時間に注意が必要です。

 


昼寝に適している時間帯は

14時前後~15時までの間】で、

必ず【昼寝時間を1520分】にすることが条件です。

 


これ以上長くなってしまうと睡眠が深くなってしまい、すっきり目覚められなくなってしまうためです。

 


すっきり目覚められない時は、しばらく頭がぼーっとしますよね。これでは、意味がありません。

 


ちなみに、会社や高校などでこういった昼寝時間を設けているところもあります。

 

 



お昼寝の前に必ず飲むと良いドリンクは?

 


1520分間の昼寝が望ましいと先述しましたが、寝る前にコーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物を摂取してから行うと良いでしょう。



これは、カフェインの覚醒効果を活用したもの。

 


カフェインは即効性があるわけではなく、摂取後30分程度かけて効果を発揮するもので、ちょうど昼寝の理想的な睡眠時間に合っているのです。これで、すっきり目覚められるというわけですね。

 

 


 

昼寝を効果的に取り入れて仕事・学習の効率アップ!

 


タイミング・睡眠時間をきちんと守れば、大人にも嬉しい効果がたくさん得られる昼寝。



仕事や授業の合間に、是非取り入れてみてはいかがでしょうか。




【手帳塾はPTOT国家試験合格をサポートする塾です】

 

《夏期講習受付中》

運動学講義動画・当塾オリジナルテキストプレゼントなどの特典付!

 

《受付中講座一覧》

・夏期講習 7/1〜8/31

・9・10月スタートコース

・8月集団オンライン授業無料モニター

 

HPトップページ→申込・問い合わせページよりお申し込み下さい。

気軽な電話相談も受付ております。

 

すぐにお問い合わせをご希望の方は電話番号をクリック

(クリックすると直接電話がかけられます)

手帳塾03ー5357ー8099

 

塾長 鰐部


バックナンバー

ブログ記事一覧


○アシドーシス・アルカローシスを学びたい

手帳塾の分かりやすいアシドーシス・アルカローシス解説動画


○国家試験勉強のポイントを知りたい・伸び悩んでいる

過去問は『解く』のではなく『使って覚える』過去問学習のポイント


○国家試験勉強の参考書について知りたい

QBを使うと落ちる?参考書の選び方と気をつけたい注意点


★テキストだけでは結果が出ない・暗記方法を知りたい

あなたの学習を根本的に変える!MKD(見て書くだけ)勉強方法


○合格するために必要な量・目標・注意点を知りたい

合格できる国試勉強方法マニュアルとNG行動


○合格するために目標を達成する力を身に付けたい・考え方を知りたい

必ず達成できる!合格できる目標設定に必要な考え方とNG行動


○点数が伸び悩んでいる時に

脱60・70点台!テストが90点台になるワンランクアップ勉強法


○結果が出なくて落ち込んでいる時に

ヤバイ忘れてる!はチャンス!学習を邪魔するマイナス思考と結果が出るポジティブ思考術


○検索効率を上げたい

学校で教えてくれない勉強に使えるネット検索テクニック


○選択肢を選べず不正解になるのを改善したい

『対比』を制するは、国家試験を制する!比べて覚えて学力UP!


○効率よく復習したい

こんなのやったっけ?を防ぐ効果的な復習タイミングと方法


○午後に眠くなってしまう・心が疲れている・今以上に効率を上げたい

「昼寝で記憶力UP!」仮眠の驚くべき効果と効率の良い昼寝のコツ


○覚えてもすぐ忘れてしまう・覚えるのに疲れた・長期記憶にしたい

→読み書きは長期記憶にならない?長期記憶のコツは『精緻化リハーサル』


○暗記のコツを知りたい・写すだけの学習から脱したい

伸びる人は「ノートに写す」と「覚える」の違いを知っている


○やる気が出ない・勉強への苦手意識から脱却したい

勉強を邪魔するマインドブロックの仕組みが分かれば学習効果は上がる


○勉強したくてもYouTubeやスマホを見てしまうのを何とかしたい

『やらないリスト』は勉強効率を上げる


○ノート作りに時間がかかる・作っているけど結果が出ない

結果の出ないノートオタクにならないこと


★模試を終えたら 必読 

解いておわりじゃ勿体無い!1番の点数UP教材『模試』の利用方法と知っておきたい注意点



○養成校の方針の違いを知って重点ポイントを知りたい

自分の学校はどう?理学療法士の国家試験対策は学校で全然違う!気になるその実態は?