こんなのやったっけ?を防ぐ効果的な復習タイミングと方法

試験前日、授業を受けてから3ヶ月ぶりに見る資料…ペラッ


「全く覚えていない…こんなことやったっけ?」



よく見られる光景です。


 

これは学習した内容を全て忘れているということなので、試験・テストでは致命的です。

 


このような事態を避けるためには、予習と復習が有効です。

 


皆様は、予習と復習をしていますか?


 

わたくし鰐部も高校生までは『予習=面倒、復習=とても面倒』という認識でした。


 

しかし大学受験から予習・復習がとても大切、というよりは、予習・復習をしない勉強は勉強でないとまで認識するようになりました。


 

そんな大切な予習・復習について紹介したいと思います。


 


業での勉強の前後には「予習」と「復習」があります。きちんとする人もいれば、まったくしない人もいます。


 

勉強の本質は「理解と記憶」であることを忘れないでください。理解と記憶をするために、予習して、復習をします。



考えてみれば授業中にしていることは、先生が黒板に書くことをノートに書き写すだけです。

 


しかし黒板の字をノートに書きとめる行為は学習ではなく、『作業』です。



作業では、理解も記憶も身につきません。



 

◯予習について

予習をすれば、授業中に先生の話している言葉がよく理解できるようになります。



授業中はノートを取らない代わりに、授業の内容に集中して、理解と記憶に徹します。

 



◯復習について

授業が終わり、復習をすれば、記憶に残りやすくなります。

 


確実に記憶するためには、復習しかありません。

何度も復習して、頭に知識を入れ、定着していつでも出せるようにします。

 


「力を入れるべきは、予習より復習」というポイントを忘れないでください。


 

・復習時間のコツ

復習には、予習の何倍も時間をかけてください。



当塾で推奨しているのは『授業時間・自己学習と同じ、あるいは多く時間を取ることです』

 


授業中は、先生が講義をしています。遊んでフラフラしていることはありませんね。

 


その時間をフルに使って講義をしているはず。そして聞いて納得するより、一つ一つを覚える方が時間がかかるはずです。


 

その授業の復習が授業時間より短いのは、非常に頭が良い・復習が足りないのどちらかです。

 


そのため、ある程度の時間を確保することはとても大切です。

 


 

・復習頻度のコツ

記憶のためには一度で覚えるのではなく、復習を重ねることで、繰り返し覚えるという姿勢が大切です。


 

高校生活を思い出してみましょう。



毎日何度も顔を合わせた親友・一度も話したことがないクラスメイト



どちらの方が下の名前や顔を思い出せますか?

 


もちろん何度も顔を合わせた親友ですね。



脳は何度も接触する情報は重要と捉え、記憶に残そうとする習性があります。

 


勉強でもそれを利用します。

何度も復習して、覚えるのです。


 

ちなみに結果が出ない人ほど、忘れていたことに気づくと『この前覚えたのに何故忘れたんだ?』『せっかくこの前覚えたのに…』と思います。

 


当然です。何度も繰り返さないと長期記憶にならないためです。


 

できる人ほど「忘れて当然」



できない人ほど「覚えたから忘れるわけがない」



と思います。



 

 

復習のタイミング

 忘却曲線というものがあります。

 


どのくらいの期間で何パーセント知識を忘れるかを表した図です。


 

人は1日で70%近く忘れると言われています。

(提唱者によっては90%という人も)

 


そのため1回目の復習は当日がとても有効です。



・授業後に授業を振り返る


・自己学習終盤にその日の学習を振り返る

     


そしてその当日の復習も忘れ始めます。



そのため2回目の復習は翌日にしましょう。

     


2回目になると、かなり定着してきた実感があります。

 


そして3回目の復習は少し期間を開けるのがポイントです。


 

かなり定着した分、忘れにくいですが、数日も経つと忘れやすくなっています。

 


そこで頭から離れかけた記憶をしっかり取り戻すのです。

 


3回目のタイミングは人によって様々ですが、5日〜7日後が目安です。


 

一度離れかけた記憶は大変強固な記憶になります。

  


ここで忘れていけないのは、習熟度は人によって異なることです。

 


そのため、忘れやすい人は到達目標と自分の状況次第で3回以上の回数が必要にはなります。


 

大切なのは『回数ではなく、知識を定着させることです』あくまでも回数は目安です。


 

一度実践して、数ヶ月経っても忘れていなければ、回数は適切だったと考えられます。



忘れていたら回数を増やすことを考えて良いと思います。

 


 

◯残り期間が少ない時

 


  • 「試験日までどうしても時間がないんだ!」

 


そういうときは、最悪、予習は省いて復習だけに力を入れてもかまいません。



もちろん予習ができれば、理想です。


 

しかし、時間の制約から、難しいときには、復習に絞った勉強でもいいでしょう。



とにかく勉強とは「理解と記憶」です。



理解と記憶ができていない作業は、すべて無駄と考えましょう。



 

 

◯まとめ

 

 

いかがでしたか?


 

1番もったいないのは、勉強した内容を全忘れし、一から思い出しながら勉強することです。


 

せっかく勉強した時間が全て無駄になってしまいます。



その時は楽ですが、これが最も非効率な方法で、合格から遠ざかってしまいます。


 

定期的に予習・復習をすることで、本番まで記憶を保ち、本番の試験に楽に受かることが可能です。

 

一見、面倒くさそうですが、理解したことを覚え続けることはそんなに難しいことではなく、一から自分で覚えるより、ウンと効率的な学習が可能です。

 

 

是非実践して頂ければ幸いです(^^)


もし、実際にどうやって勉強すれば良いかなかなか分からない。不安という方はご連絡下さい。一緒に解決方法を考えていきましょう。


 

気軽に当塾の電話相談窓口・メッセージフォームを利用してください。 


手帳塾:03ー5357ー8099 こちらにお電話下さい。

【手帳塾はPTOT国家試験合格をサポートする塾です】

 

《夏期講習受付中》

運動学講義動画・当塾オリジナルテキストプレゼントなどの特典付!

 

《受付中講座一覧》

・夏期講習 7/1〜8/31

・9・10月スタートコース

・8月集団オンライン授業無料モニター

 

HPトップページ→申込・問い合わせページよりお申し込み下さい。

気軽な電話相談も受付ております。

 

すぐにお問い合わせをご希望の方は電話番号をクリック

(クリックすると直接電話がかけられます)

手帳塾03ー5357ー8099

 

塾長 鰐部


バックナンバー

ブログ記事一覧


○アシドーシス・アルカローシスを学びたい

手帳塾の分かりやすいアシドーシス・アルカローシス解説動画


○国家試験勉強のポイントを知りたい・伸び悩んでいる

過去問は『解く』のではなく『使って覚える』過去問学習のポイント


○国家試験勉強の参考書について知りたい

QBを使うと落ちる?参考書の選び方と気をつけたい注意点


★テキストだけでは結果が出ない・暗記方法を知りたい

あなたの学習を根本的に変える!MKD(見て書くだけ)勉強方法


○合格するために必要な量・目標・注意点を知りたい

合格できる国試勉強方法マニュアルとNG行動


○合格するために目標を達成する力を身に付けたい・考え方を知りたい

必ず達成できる!合格できる目標設定に必要な考え方とNG行動


○点数が伸び悩んでいる時に

脱60・70点台!テストが90点台になるワンランクアップ勉強法


○結果が出なくて落ち込んでいる時に

ヤバイ忘れてる!はチャンス!学習を邪魔するマイナス思考と結果が出るポジティブ思考術


○検索効率を上げたい

学校で教えてくれない勉強に使えるネット検索テクニック


○選択肢を選べず不正解になるのを改善したい

『対比』を制するは、国家試験を制する!比べて覚えて学力UP!


○効率よく復習したい

こんなのやったっけ?を防ぐ効果的な復習タイミングと方法


○午後に眠くなってしまう・心が疲れている・今以上に効率を上げたい

「昼寝で記憶力UP!」仮眠の驚くべき効果と効率の良い昼寝のコツ


○覚えてもすぐ忘れてしまう・覚えるのに疲れた・長期記憶にしたい

→読み書きは長期記憶にならない?長期記憶のコツは『精緻化リハーサル』


○暗記のコツを知りたい・写すだけの学習から脱したい

伸びる人は「ノートに写す」と「覚える」の違いを知っている


○やる気が出ない・勉強への苦手意識から脱却したい

勉強を邪魔するマインドブロックの仕組みが分かれば学習効果は上がる


○勉強したくてもYouTubeやスマホを見てしまうのを何とかしたい

『やらないリスト』は勉強効率を上げる


○ノート作りに時間がかかる・作っているけど結果が出ない

結果の出ないノートオタクにならないこと


★模試を終えたら 必読 

解いておわりじゃ勿体無い!1番の点数UP教材『模試』の利用方法と知っておきたい注意点



○養成校の方針の違いを知って重点ポイントを知りたい

自分の学校はどう?理学療法士の国家試験対策は学校で全然違う!気になるその実態は?