あなたの学習を根本的に変える!MKD(見て書くだけ)勉強方法

MKD(見て・書く・だけ)勉強方法


脳内表象という言葉をご存知ですか?
 

脳内表象とは
人間は何かを見たり聞いたりすると、私たちは頭の中に像 (表象) を作り、認識します。 


その時に出来る像を脳内表象といいます。私達はその像を知識と呼びます。
 

勉強の目的はこの脳内表象をより鮮明にはっきりと作り上げることです。


しかし問題を解いたり、読んだりするだけの従来のやり方では、脳内表象の作り方が得意な人とそうでない人で差がついてしまっていました。

 
例えば一度見ただけですぐに覚えてしまう人は、「一度の機会でうまく脳内表象が作れている」ということになります。


何度見ても覚えられない人は、「脳内表象を作るのが苦手」ということになります。 

 
しかしこの脳内表象は、少しのコツでうまく扱うことができます。
 

一番のコツは脳内表象を自己確認する方法を持つことです。


自分はどこを覚えていて、どこを忘れているのか。

はっきり認識し覚え直しを繰り返すことで、脳内表象を最適化していきます。
 

本ブログで紹介するMKD学習法は、この脳内表象を最適化することができる学習方法です。


MKD勉強方法とは

M:見て
K:書き出す
D:だけ

「見て書き出すだけ」の勉強方法です。 


これは神奈川県の『えいごや』という小中高校生向けの塾が提唱している勉強方法です。


oMKD勉強法はこんな人にオススメです

・暗記が苦手な人
・一度読んだ内容をすぐ忘れてしまう人
・読解力が無い人


○方法
とてもシンプルな方法です。


○MKDの基本ルール


HPより転記

1.すべての工クササイズはただ見て書くだけなので安心してください。誰でもできます。

2.書くときは何も見ずに書いてください。決して本を見ながら写してはいけません

3.同じものを何度も書き直すので、気楽に書いてください。完成度にこだわるのは厳禁です。

4.難しい場合は短くしてチャレンジしてください。こだわらない。一文字になればだれでも覚えられます。


ポイントはルール2の何も見ずに書くということです。

基本的には勉強で『見て覚えているが、書き出していない』方が多いです。この方法が悪い訳ではありません。


しかし、テストや試験、実習や臨床では手元に資料はありません。

自分で覚えたものを思い出す力(アウトプット力)が必要です。

覚えたつもりになっていて、試験・テスト本番で実は覚えていないことが発覚するのは怖いことですね。
 

もしこの記事を見ているあなたがテスト・試験・バイザーや患者様からの質問に『何だっけ?』と思い出そうとした時、


・知識がスムーズに取り出せない、思い出せない
・話がつっかえる
・まとまらず伝わらない


このような体験があれば、それは【アウトプット(思い出し)をする練習が不足している】ことになります。
 

そのため、今までの学習よりワンランク上の何も見ないで、思い出せる練習を追加する必要があるということになりますね。
 

本ブログで紹介するMKD勉強方法は、アウトプット力を鍛えることに有効なエクササイズです。


思い出しを重ね、脳内表象を最適化することで、テスト・試験・実習・臨床に大いに役立ちます。


もちろんバランスは大切なので、使える時間など状況に応じて要所にこの勉強方法を取り入れて頂ければ幸いです。


また、手帳塾ではこの復習を全ての科目に取り入れていますが、塾生は「知識が長持ちするようになった」「理解度が上がった」「最初は難しいと思ったけどこれをしないと勉強は意味がなかった」という感覚を持つようになっています。


是非ご活用ください。

 


もし「やってみたけど分からない」「出来ているか不安」という方は、気軽にご相談ください。


私と一緒に解決方法を考えていきましょう。


塾長 鰐部雄心

【手帳塾は『マンツーマンで優しく教えてもらいたい』『勉強方法を教えてもらい合格したい』方向けのPTOT国家試験塾です】

 

《夏期講習受付中》

運動学講義動画・当塾オリジナルテキストプレゼントなどの特典付!

6/31迄のお申し込みでお得な早割料金が適用となります。

 

 

《受付中講座一覧》

・夏期講習 7/1〜8/31

・9・10月スタートコース

 

HPトップページ→申込・問い合わせページよりお申し込み下さい。

気軽な電話相談も受付ております。

 

すぐにお問い合わせをご希望の方は電話番号をクリック

(クリックすると直接電話がかけられます)

手帳塾03ー5357ー8099

 

ブログ記事一覧


○アシドーシス・アルカローシスを学びたい

手帳塾の分かりやすいアシドーシス・アルカローシス解説動画


○国家試験勉強のポイントを知りたい・伸び悩んでいる

過去問は『解く』のではなく『使って覚える』過去問学習のポイント


○国家試験勉強の参考書について知りたい

QBを使うと落ちる?参考書の選び方と気をつけたい注意点


★テキストだけでは結果が出ない・暗記方法を知りたい

あなたの学習を根本的に変える!MKD(見て書くだけ)勉強方法


○合格するために必要な量・目標・注意点を知りたい

合格できる国試勉強方法マニュアルとNG行動


○合格するために目標を達成する力を身に付けたい・考え方を知りたい

必ず達成できる!合格できる目標設定に必要な考え方とNG行動


○点数が伸び悩んでいる時に

脱60・70点台!テストが90点台になるワンランクアップ勉強法


○結果が出なくて落ち込んでいる時に

ヤバイ忘れてる!はチャンス!学習を邪魔するマイナス思考と結果が出るポジティブ思考術


○検索効率を上げたい

学校で教えてくれない勉強に使えるネット検索テクニック


○選択肢を選べず不正解になるのを改善したい

『対比』を制するは、国家試験を制する!比べて覚えて学力UP!


○効率よく復習したい

こんなのやったっけ?を防ぐ効果的な復習タイミングと方法


○午後に眠くなってしまう・心が疲れている・今以上に効率を上げたい

「昼寝で記憶力UP!」仮眠の驚くべき効果と効率の良い昼寝のコツ


○覚えてもすぐ忘れてしまう・覚えるのに疲れた・長期記憶にしたい

→読み書きは長期記憶にならない?長期記憶のコツは『精緻化リハーサル』


○暗記のコツを知りたい・写すだけの学習から脱したい

伸びる人は「ノートに写す」と「覚える」の違いを知っている


○やる気が出ない・勉強への苦手意識から脱却したい

勉強を邪魔するマインドブロックの仕組みが分かれば学習効果は上がる


○勉強したくてもYouTubeやスマホを見てしまうのを何とかしたい

『やらないリスト』は勉強効率を上げる


○ノート作りに時間がかかる・作っているけど結果が出ない

結果の出ないノートオタクにならないこと


★模試を終えたら 必読 

解いておわりじゃ勿体無い!1番の点数UP教材『模試』の利用方法と知っておきたい注意点



○養成校の方針の違いを知って重点ポイントを知りたい

自分の学校はどう?理学療法士の国家試験対策は学校で全然違う!気になるその実態は?