『対比』を制するは、国家試験を制する!比べて覚えて学力UP!

理学療法に関する知識には、対比関係の知識が沢山あります。


 

そのため国家試験勉強や試験では、この「対比」を意識をすることで大きな効果が生まれます。

 


例えば

 


・パラソルモンは血中のカルシウム濃度を下げる

・カルシトニンは血中のカルシウム濃度を上げる

 


・変形性膝関節症は膝の内反変形が起きる

・関節リウマチは膝の外反変形が起きる

 


・筋細胞の細胞膜を筋鞘という
・筋細胞の筋膜を筋内膜という


・トロポミオシンは筋収縮を抑制する
・トロポニンは筋収縮を促進する


このように様々な対比関係の知識があります。




○対比関係の利用方法
 
先述した「パラソルモンは血中のカルシウム濃度を下げる」という知識、いかにも3か月も経つと「あれ上げる?下げる?どっちだっけ?」となってしまいます。


そこで対比を利用します。


「パラソルモンは血中のカルシウム濃度を下げる」

「カルシトニンは血中のカルシウム濃度を上げる」

 

と覚えると、先ほどよりも覚えやすそうですね。

 

 

これは対比をすることによって、2つの知識を比べることで、それぞれの知識に対する認識が高まり区別ができ、印象に残る記憶になったためです。

 

 

これも長期記憶になりやすい、精緻化リハーサル法過去記事は←こちらをクリック)の一つです。

 

 

是非、暗記法の一つとして、ご活用下さい。



○対比関係から分かる、知っておきたい国家試験問題のカラクリ
 
 

国家試験はマークシートです。マークシート問題のカラクリを理解することで、この対比が活きていきます。

 

 

例えばある知識をA、もう一方の知識をBだとします。


 

AはAである(例:パラソルモンは血中のカルシウム濃度を上げる)

BはBである(例:カルシトニンは血中のカルシウム濃度を下げる)

 
という知識があるとします。


そうするとマークシート問題では下記のような問題を作成します。

問1、正しいのは選べ


 選択肢1. AはBである
(例:カルシトニンは血中のカルシウム濃度を上げる


カルシトニンの作用は血中のカルシウム濃度を下げるため、選択肢1の内容は正しくないということになりますね。


この問題を見るとAの知識にBの知識をミックスしていることが分かります。

 
じつはこのように、対比関係の知識を選択肢に混ぜて作っているのが、国家試験のカラクリです。


国家試験はこのように作られている問題が殆どです。


カラクリが分かったところで、実際に問題を確実に解けるようになる考え方を身に着けていきましょう。


問題を解く時に起こす2つのパターンを下記に記しました。


①対比をしっかり意識し、知識を身につけていると、

「『BはB!』『AはA!』、だから違う!」と考えられます。


確実に正解できるので理想的です。
 
 

②曖昧な知識でAのことはわかるがBのことが分からないと、


「『AはA』だから違うのは分かるんだけど、『Bって何だろう?』」と思います。
 
 

 この②の考え方は「国家試験はマークシートだから曖昧な知識でも5択の中から選べばよいか」、と思ってしまう人にありがちです。


これは合格できない考え方です。
 

 
この考え方を持っている人は、選択肢を選ぶ際、以下のような行動を取ってしまいます。


選択肢がかなりうやむやで、他に正解らしき選択肢がないと 


「うーん、もしかしたらBは自分の知らない言葉なだけで実は正解かも?」と思ってしまい、その回答を選び、不正解になる。
 
 
文面だけを見るとおかしいように感じるかもしれませんが、過去に解いた模試や定期テストを振り返ると、一度は経験があるかと思われます。


違うのは何となく分かるが、確実ではない。


この状況だと正解率は100%ではなく、正解・不正解どちらに転ぶかわかりません。


200問中全問がこの状態なら、60%の点数を取ることは難しいでしょう。


せいぜい50%ほどの得点で落ちてしまいます。


そうならないよう、対比を利用し、知識をはっきりと白黒つけて覚えることで、合格にグッと近づくことが可能です。




もし、実際にどうやって勉強すれば良いかなかなか分からない。不安という方はご連絡下さい。



一緒に解決方法を考えていきましょう。

 

 

気軽に当塾の電話相談窓口・メッセージフォームを利用してください。 


手帳塾:03ー5357ー8099 こちらにお電話下さい。
 

【手帳塾はPTOT国家試験合格をサポートする塾です】

 

《夏期講習受付中》

運動学講義動画・当塾オリジナルテキストプレゼントなどの特典付!

 

《受付中講座一覧》

・夏期講習 7/1〜8/31

・9・10月スタートコース

・8月集団オンライン授業無料モニター

 

HPトップページ→申込・問い合わせページよりお申し込み下さい。

気軽な電話相談も受付ております。

 

すぐにお問い合わせをご希望の方は電話番号をクリック

(クリックすると直接電話がかけられます)

手帳塾03ー5357ー8099

 

塾長 鰐部


バックナンバー

ブログ記事一覧


○アシドーシス・アルカローシスを学びたい

手帳塾の分かりやすいアシドーシス・アルカローシス解説動画


○国家試験勉強のポイントを知りたい・伸び悩んでいる

過去問は『解く』のではなく『使って覚える』過去問学習のポイント


○国家試験勉強の参考書について知りたい

QBを使うと落ちる?参考書の選び方と気をつけたい注意点


★テキストだけでは結果が出ない・暗記方法を知りたい

あなたの学習を根本的に変える!MKD(見て書くだけ)勉強方法


○合格するために必要な量・目標・注意点を知りたい

合格できる国試勉強方法マニュアルとNG行動


○合格するために目標を達成する力を身に付けたい・考え方を知りたい

必ず達成できる!合格できる目標設定に必要な考え方とNG行動


○点数が伸び悩んでいる時に

脱60・70点台!テストが90点台になるワンランクアップ勉強法


○結果が出なくて落ち込んでいる時に

ヤバイ忘れてる!はチャンス!学習を邪魔するマイナス思考と結果が出るポジティブ思考術


○検索効率を上げたい

学校で教えてくれない勉強に使えるネット検索テクニック


○選択肢を選べず不正解になるのを改善したい

『対比』を制するは、国家試験を制する!比べて覚えて学力UP!


○効率よく復習したい

こんなのやったっけ?を防ぐ効果的な復習タイミングと方法


○午後に眠くなってしまう・心が疲れている・今以上に効率を上げたい

「昼寝で記憶力UP!」仮眠の驚くべき効果と効率の良い昼寝のコツ


○覚えてもすぐ忘れてしまう・覚えるのに疲れた・長期記憶にしたい

→読み書きは長期記憶にならない?長期記憶のコツは『精緻化リハーサル』


○暗記のコツを知りたい・写すだけの学習から脱したい

伸びる人は「ノートに写す」と「覚える」の違いを知っている


○やる気が出ない・勉強への苦手意識から脱却したい

勉強を邪魔するマインドブロックの仕組みが分かれば学習効果は上がる


○勉強したくてもYouTubeやスマホを見てしまうのを何とかしたい

『やらないリスト』は勉強効率を上げる


○ノート作りに時間がかかる・作っているけど結果が出ない

結果の出ないノートオタクにならないこと


★模試を終えたら 必読 

解いておわりじゃ勿体無い!1番の点数UP教材『模試』の利用方法と知っておきたい注意点



○養成校の方針の違いを知って重点ポイントを知りたい

自分の学校はどう?理学療法士の国家試験対策は学校で全然違う!気になるその実態は?